JPブログ

簿記好き大学生が簿記,グルメ,本をメインで紹介していきます

テレビで紹介された「握らないおにぎり」を食べてみた

こんにちは、ジュンペイ(@junpei_jp5)です。

 

「握らないおにぎり」で有名なおにぎり専門店に行ってきました。

最初に言っておきますが、ただのおにぎりではありません!!

 

 ではさっそく、どんなおにぎりなのか見ていきましょう。

目次

おにぎり専門店?

f:id:junpei_komatsu5:20190618013245j:plain

山手線大塚駅から歩く事2分

創業55年の老舗「おにぎりぼんご」にたどり着きました。

 

テレビや雑誌、新聞などによく取り上げられているので、

知ってる方もいるのではないでしょうか?

店舗情報

《おにぎりぼんご》

JR大塚駅北口徒歩2分

住所:東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F

HP:https://www.onigiribongo.info/

握っていない?

ブログタイトルを見て、

「おにぎりなのに握らないってどういうこと?」と

このように感じたはずです。

確かにおにぎりは、握るものです。

 

しかし!!!

 

ぼんごには、握るという言葉は存在しないのです。

 

パリッパリの海苔で「握らずに包み込む!」

これこそがぼんごのおにぎりなのです。

おにぎり1個250円~

f:id:junpei_komatsu5:20190618013650p:plain

引用:https://www.onigiribongo.info/%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC/

料金ですが、なんと

1個のおにぎりが250円以上します。

 

ほとんどのおにぎりが250円で、

中には300円・550円のおにぎりも存在します。

 

ここまでくるとおにぎり自体がブランド化してるように思えます。

f:id:junpei_komatsu5:20190618013251j:plain

卵黄×辛子明太子

f:id:junpei_komatsu5:20190618013254j:plain

この日、僕が食べたものがこちらです。

<平日限定>2個とうふセット570円

 

実物のおにぎりは写真で見るよりもかなり大きいです。

食べてみた結果、

お米が立つとはこのことか!」と

感銘を受けました。

お米が潰れていない美味しさを知りました。

 

 

また、豆腐の味噌汁はおわかり自由となっています。

 

味噌汁が熱すぎて舌をヤケドしてしまったので、

みなさんは冷ましてから飲むようにしてくださいね。

まとめ

おにぎり好きなら、1度は行ってみたいお店。

ぼんごにいけば本当の「おにぎり」を味わうことができます。

 

気になる方は、一度行ってみてください!

それでは、また。