JPブログ

簿記好き大学生が簿記,グルメ,本をメインで紹介していきます

大学2年でヒッチハイクして人生を変えた話!

こんにちは、大学3年生のジュンペイです。

 

8ヶ月ほど前にヒッチハイクしました。

ヒッチハイクのおかげで人生が変わったので話していきます。

 

 目次「ヒッチハイク 無料」の画像検索結果

ヒッチハイクをした理由

完全にホリエモンの影響を受けました(笑)

ホリエモンの『ゼロ』という本を読まなかったら、間違いなくヒッチハイクをしていなかったと思います。『ゼロ』という本の中で、串カツが食べたいと思った当日に大阪までヒッチハイクしに行ったと語っています。『ゼロ』を読んでたら、俺もヒッチハイクしたい!って気持ちになったんです(笑)

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

今回のルート

横浜→名古屋

詳しく述べると、

横浜の港北PA(パーキングエリア)スタートの名古屋駅がゴールです。

港北PAまでは電車&歩きで行きました。

いざ、ヒッチハイクへ

名古屋方面に行きそうな車を見つけて「乗せてください!」と声をかけまくりました。

しかし、思ったよりもうまくいかないものです。

続いて、港北PAの出口付近に移動してスケッチブックを掲げることにしました。

 

マルマン スケッチブック 図案シリーズ A3 画用紙 S115

マルマン スケッチブック 図案シリーズ A3 画用紙 S115

 

8割ぐらいのの車は、スピードを落として、行き先を書いたスケッチブックを見てくれますが、、、

かれこれ2時間が過ぎたころです。

1組目

「私、外国人だけど乗ります??」と声をかけてくれたのは、ブラジル生まれの中国人の方でした。ややこしくてかなり記憶に残ってます(笑)

お父さん、お母さん、小学生の子どもの3人家族です。日本語は、そこまで上手くなかったです。

驚くことに、1組目の車だけで横浜から愛知まで辿り着けました(笑)

ディズニーランド⇒実家の愛媛に向かってるとのことで、非常に運がよかったです。

長い長い静岡をたった1台で通過できたのは、自慢できます(笑)

トイレ休憩、昼食などをはさみ合計3時間ほど乗っていました。

お昼ご飯を食べた後は、どうしても眠くなってしまいますよね?

生意気なことに睡魔に襲われ眠ってしまいました。本当に申し訳なかったと反省してます。愛知県に入り、休憩で寄ったSAでお別れしました。

2組目

名古屋駅付近で降りる車を探すこと1時間。厳ついおっちゃんがドアを開けて「乗っていきなよ」と優しく声をかけてくれました。見た目はめっちゃ怖かったです(笑)

ちょうど、名古屋駅付近に用事があったそうです。確か、名古屋に住む友達と呑むと言ってた気がします。

この厳ついおっちゃん、実は飲食店の経営者だそうです。30分ほどの関わりでしたが貴重な話を聞くことができました。

f:id:junpei_komatsu5:20190502220900j:image

そしてついに名古屋駅に!いやぁー、長かったです(笑)

f:id:junpei_komatsu5:20190502220920j:image

横浜をスタートしてから、9時間ほどでようやく到着。

駅前で降ろしてもらう際に、お小遣いとして1,000円くれました。

「1,000円で美味しいものでも食べな!」と言ってくださったことは、この先も忘れることはないでしょう。僕が同じ立場だとしたら、そこまで出来ないと思います。

人の優しさを感じたヒッチハイクになりました。

ヒッチハイクのコツ

 ・笑顔を見せること

 ・とにかくアピール

 ・断れる度に嘆かない

車に乗せてもらうには、第一印象が大事になってきます。

ガラの悪い人や危なそうな人を乗せようとは思いませんよね??

まずは、笑顔を見せることが1番です!!

ただし、基本断られます(笑)断られてなんぼだと割り切ることが大事です。

たとえ断られてしまっても、次があります!

 

もし、乗せてもらうことができたら、必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

 

まとめ

大学生のうちにヒッチハイクを経験できてよかったと思います。

何十回も断られたおかげでメンタルが強くなりました(笑)

人前でスケッチブックを掲げてると、周りの視線が全部自分に向いてるのが一瞬分かります。人の視線を気にしなくなったのもヒッチハイクで得たことだと思います。

今年も来年もヒッチハイクするので、今回の経験を次回に繋げられたらと思います。

 

この記事を読んでヒッチハイクをしたいと思ったあなた!!

とにかく行動です!行動を起こしましょう。