JPブログ

簿記好き大学生が簿記,グルメ,本をメインで紹介していきます

ブログ知識ゼロの大学生が、50記事書いて学んだこととは?

学生, 入力, キーボード, テキスト, スタートアップ, 人, オフィス

こんにちは、ジュンペイ(@junpei_jp5)です。

 

今回は、ブログを50記事を書いてみて

分かったこと学んだこと成長したことなどについて話していきます。

 

少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

まずは、こちらの記事を見てください。

僕が1番最初に書いた記事です。

www.junpei.work

読んでみた感想はどうですか??

 

めちゃめちゃひどいですよね(笑)

読者に向けた記事というより完全な「日記」になってますね(笑)

 

この時は、

大量の文字を書く事できた!」、「ブログ楽勝じゃん!

と浮かれていたのを思い出します。

今思いだすと、顔から火が出るほど恥ずかしいです(笑)

 

この日から少しは、成長できたかと思います。

 

それではさっそく、

50記事書いた結果どう変わっていったのか見ていきましょう。

 

目次

50記事書いてみて感じたこと

①ネタ探しのむずかしさを知った

毎日、今日は何について書こうかなと悩んでます。

まだ50記事しか書いていませんが、ネタ切れにならないように

日々頭をフル回転させてネタを絞り出しています。

 

「ネタ切れで記事書けませんでした。」という新聞記者はいませんよね?

本気を出せば記事のネタを見つけることができます。

②記事を書く時間の確保が大変

僕は大学生なので、勉強やバイトで忙しい日は

記事の作成時間が思うように取れませんでした。

 

勉強・バイト以外にも、

ジムで筋トレ(毎日1時間)、ピアノ、部活(ゴルフ)を

やっていています。

 そのため、最近では学校に行く2時間前に起床して記事を書くようにしています。

ブログを始めた頃の自分に伝えたいこと

「最初のうちにしておけばよかったこと」を話していきます。

これからブログを始めてみようという方は

ぜひ参考にしてみてください。

毎日更新をかかすな

何があっても毎日更新するべきだと感じました。

確かに毎日するのには、簡単なことではないです。

 

それなりのモチベーションがないとやっていけないのは事実です。

あらかじめ、何を目標にしていくのか決めておきましょう。

 

 毎日更新していると、読者の方が定着してきます。

「この人のブログは毎日更新されてるから明日もチェックしよう!」

このような気持ちにさせてしまいましょう!

 

もう一つ毎日更新するメリットがあります。

それは、、、スキルアップに繋がることです。

 

ここはの文章はどのように書けば伝わりやすいか、読みやすいか、

様々なことを考えるので必然的に勉強するようになります。

 

分からないことを知ろうとするだけでも十分効果が出てきます。

 

完璧を求めるな

記事数一桁台の頃は、とにかく全ての情報を伝えようと必死になっていました。

僕にとってはそれが間違いでした。

 

毎日100%の記事を書くことは、体力的にしんどいです。楽しく記事を書いていく方が長続きするものです。

なので僕は80%の記事づくりを目指して書いています。

 

目標を80%にするメリットは、

・心に余裕ができる

・モチベーションを保てる

などがあります。

付け加えたい内容があるなら、後日でもOKです!

なので、ある程度の妥協点があってもいいと思います。

すぐにTwitterのアカウントをつくれ!

ブログと同時にTwitterアカウントをつくっておくべきだと後悔しています。

すぐにアカウントをつくるべきでした。

 

まずは、ブログとTwitterを連携させましょう。

 

Twitterアカウントを作る理由は、アクセス数が取りやすくなるからです。

始めたばかりのブログは、誰も見てくれませんでした。

 

 

そのため、ツイッターを使って宣伝していけば見てくれる人が現れます。

 

アクセスのないブログは、存在しないのと同じです。

 

まとめ

ここまで読んでみて参考にできるものはありましたでしょうか?

参考になるもの、ならないものは人それぞれです。

僕が書いた記事の中からしっかりと取捨選択してもらえればと思います。

 

 

最後に、、、

最近になってですが、DMで「いつも楽しく記事を読ませていただいてます!」や「頑張ってください!」などの激励の言葉が届くようになりました。

 

このようなDMが来るたびに、頑張ってよかったと思います。

 

これからも100記事、200記事と書いていくので

楽しみにしていてください。

twitter.com

それでは、また。